しばらくの冷え込みのあと、急に暖かい日が増えました。

桜も短い見頃を終えて、いよいよ稲苗を作ります。

DSCF0871

といっても、この写真だけですけどね。

手回し式の苗床作り機から自動式に替えて、
作業が一気にはかどっています。
でも、最低3人いないと途中で床土補充のために機会を止めないと
いけないので、
もっぱら母が家にいるときの作業になります。

同時に、田植えまでに済ませたい仕事が盛りだくさんです。

DSCF0872

畝さえ作っておけば、あとは野菜の苗が育ち次第植え付けができるので
先に作っておきます。
今年は昨年よりも、種類少なく、数を多くしているので
作業的には楽・・・かも。

DSCF0873

畝立てマルチャーを使って、畝を立てつつマルチもかけていきます。

調整がうまくいかないと、何度も機械を止めて調整しつつの
畝立てになるので、最初にしっかり見ておきます。

ちなみに、この機械は後ろに下がりつつ畝を立てていくので
曲がらないように圃場に先に線をつけておく必要があります。

DSCF0874

曲がってしまったのを隠すために、斜めから撮影。

畝の中に肥料が来るように幅を想定して、
先に肥料を筋蒔きしていたんですが
畝間の計算を間違えてしまい、歩くところに肥料の筋が来てしまいました。

まあ、野菜の苗は畝間にまで根を伸ばすので、
逆に良かったかも。